NEWS

エントリー

カテゴリー「お知らせ」の検索結果は以下のとおりです。

トリートメントのポイント

head_PDimage13.jpg

目白のアトリエ美容室

ヘアメイクセジョリです。 

 

前回に引き続き、今日はシャンプー後のトリートメントのポイントについて。 

カラー、パーマヘア、アイロンなどをよく使う方、紫外線の強い季節、もともと髪がパサつきやすい方・・

毎日のトリートメントがおすすめです。

 

こちらもチェックしてみて下さいね。

 

トリートメント

 

1、塗布前に水分をよくきって、吸着力アップ

しっかりケアしたい時は、毛先をタオルでおさえて。

 

2、しっかりもみ込み、浸透力アップ

頭皮につけないように毛先から塗布。良くもみ込みます。

(頭皮ケア用のトリートメントは頭皮にもよくなじませて使う物もありますので使い方をチェック!)

 

3、効果を高める「もうひと手間」

・3~5分放置するとうるおいの定着アップ。

・流す前に、中間~毛先に湯をなじませる(チェンジリンス)と、髪がなめらかに。ロングの方は特に効果的です。

 

4、残さずきちんと洗い流す

流し残しは、頭皮のベタつきや肌荒れの原因に。

 

いかがですか?

そして、

「以前のように髪がまとまらなくなった」「スタイルが長持ちしない」

「ヘアカラーによりダメージを受けやすくなった」「ツヤが出ない」・・・

などの悩みは、代謝の低下により、生まれたての髪すらダメージを受けた状態になっているためです。

 

セジョリで扱っております「エステシモ」は、

髪に本来含まれるアミノ酸、脂質をバランスよく補給し、理想の髪構成をつくります。

 

お悩みがありましたら、是非ご相談下さい。

 

 

 

毎日のシャンプーのポイント

shampoo.jpg

目白のアトリエ美容室

ヘアメイクセジョリです。

 

毎日のシャンプータイムを、みなさんはどのようにされていますか?

 

時間が無くてしっかり洗えていなかったり、すすぎ残しがあると、髪や頭皮のベタつきやかゆみの原因になったりします。

 

 健康な髪を手に入れるには、まず毎日の正しいシャンプーが大切になります。

一度、チェックしてみてくださいね。

 

・シャンプー

 

1.はじめのすすぎで汚れの8割をオフ

シャンプーの前のすすぎは「濡らす」というより、「予洗い」。

お湯だけで、スタイリング剤や汚れの約8割を落とせます。

理想は3分位。シャンプーの泡立ちもアップし、髪や頭皮への負担もやわらぎます。

 

2.決め手は「キメ細かな泡」

適量のシャンプーを手に出し、よくのばします。※ミディアムヘアで約ティースプーン2杯

髪の根元部分に、数ヶ所に分けてつけます。お湯を足しながら、根元からふんわり空気を含ませるように泡立てます。もちもちな泡を作りましょう。

洗顔も同じですが、手の摩擦で汚れを落とすのではなく、もちもち泡で毛穴の汚れを浮かせて落とすイメージです。

髪は濡れている時にキューティクルが開き、最もダメージしやすくなっています。シャンプーの泡は、そんなデリケートな髪を守るクッションの役割をします。

 

3.頭皮タイプに合わせたツボを意識

ヘッドスパではこのツボを意識してマッサージしています。

 

4.シャンプー後のすすぎは「2分以上」

汚れを含んだ泡が残らないよう、生え際や頭皮を念入りに。

 

ちょっとのお手入れの差が2,3ケ月後には、見違えるほどの変化になります。今日からお試しくださいね。

 

セジョリのヘッドスパで使用しているエステシモシャンプー」は、

もちもちとした濃密な泡と日本庭園をイメージさせる深く上品な「ZEN」の香り、それぞれのタイプにあわせたアロマをブレンドしています。

気持ちが落ち着いて、ホッと癒されるシャンプータイムが過ごせます。

 

詳しくはサロンでご案内致します。 

ページ移動

ユーティリティ

Serch

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed