NEWS

エントリー

2016年07月の記事は以下のとおりです。

店舗移転に伴う休業のお知らせ

日頃より、セジョリにご来店いただきまして誠にありがとうございます。


マンションの一室でお店をはじめて、お陰様で早5年が経ちました。


これもひとえに皆様のご支援の賜物と、深く感謝いたしております。 


さてこの度、当店は下記に店舗を移転する運びとなりましたので ご案内申し上げます。 今のプライベートな空間はそのままに、また新しいサービス等も取り入れ、 新しい空間でも、皆様に喜んで頂ける様さらに努めてまいりますので、 今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。


つきましては、店舗の移転に伴いまして、 下記の日程で休業させて頂くことになりました。


8月30日(火)~9月6日(火) 新店舗では、9月7日(水)より営業となります。


皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


ヘアメイクセジョリ 廣田 雅子  


<新店舗> 新宿区下落合3-20-3 本間ビル1F


(現在のお店からすぐの所です!)


※電話番号、ネット予約は変わらずお使いいただけます。  


 


cestjoli_map20160720.jpg      

クセ対応のセラムヘアケア

 

目白のアトリエ美容室

ヘアメイクセジョリです。

 

クセ毛の髪の毎日のお手入れ方法等をご紹介してきましたが、

今回は、おすすめヘアケアアイテムです。

lebel_iau.png

 

 

クセにたっぷり、美容液の効果でクセの質感を整える

「イオセラム」

 

今までのクセ毛対応のヘアケア剤は、

油分系の重みでクセをおさえる物が多かったのですが・・

 

イオは

・水分系のみずみずしさ

・髪のおさまりと動き

・クセを整えツヤ感を出す

・時間経過後もしなやかさをキープ

 

特に、気になるクセのパ札、ゴワつきには

内部はうるうる、表面はさらさらに仕上がる

 注目の「グリーンナッツオイル」配合です。

 

オイルなのに、軽くてベタつきにくく、

表面はさらっと気持ちのいい仕上がり感です。

香りは、軽やかで透明感のある、フローラルグリーンの香り!

 

詳しくは、サロンにてお気軽にお問い合わせください。

 

 

blog_lebeL_iau_serum2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続・上手にクセと付き合いましょう

目白のアトリエ美容室

ヘアメイクセジョリです。

前回の続きです・・・  

 

今回は

上手にクセと付き合う5つのポイントをお伝えします!

普段のお手入れに取り入れてみて下さい。 

 

1.マッサージするように地肌をきちんと洗いましょう。

 

image.jpeg

 

ケアの基本はシャンプーから。

地肌のすみずみまで届く、濃密なクリーミー泡で落ちにくい汚れや

ニオイをやさしくしっかりオフしましょう。  

 

2.濡れたままの状態で寝るのはできるだけ避けましょう。

 

neru.jpg

 

実はとてもデリケートなクセ毛。

濡れたまま寝てしまうと、枕の摩擦や、髪同士の摩擦で

よりダメージを受けやすく、ゴワつきの原因に。

なるべく乾かしてから寝ましょう。。。  

 

3.ドライヤーやアイロン前には保護と保湿のダブルケアを。

 

outbath.jpg

 

 

 毛髪の表面が乾きやすい特徴をもったクセ毛は、

 熱に対してもやさしいケアが必要です。

 ブローやアレンジの前には、水分や油分をしっかりチャージ。

 スタイルも決まりやすくなり、湿気などの環境変化からも

 プロテクトできます。 

 

4.ハネる方向とは逆にブローしましょう。

ハネる方向とは逆にドライヤーを当てて、熱の力で左右のバランスを

調整しましょう。

必ずこっち側がハネる・・・根元から方向を修正する感じで。

お試し下さい。 

 

doraiya2.jpg

 

 

5.サロントリートメントのスペシャルなご褒美を。

 デリケートでダメージを受けやすいクセ毛には、

 毛髪の内部にまでしっかり浸透するスペシャルなケア成分を

 定期的に補給して、髪のコンディションを整えましょう。

 

spa4.jpg

 

気になるエイジングには地肌ケアもおすすめです。

 根元から美しいヘアに・・・

 

次回は、美容液の効果でクセの質感を整える、

ヘアケアシリーズをご紹介します!   

 

 

 

 

クセ毛増加中?

目白のアトリエ美容室

ヘアメイクセジョリです。

 

日本人の髪は、黒くてまっすぐで、まるで日本人形の様な・・・

 

と言われていたのは、一昔前の話。

最近は、食生活の欧米化や生活習慣等の影響から

髪にクセのある方が増えてきました。

 

自分の髪をクセがあると感じている女性は全体の65%もいらっしゃいます。

実際、まったくの直毛の方は、

以前より少なくなっている気がします。。。

 

 

 kuse2.jpg

 

少しクセのひみつを解説します。

 

どうしてクセは扱いにくいのか?

 

それは毛髪形状の特性からくるものです。

断面で見ると、

直毛は真丸(まんまる)に近く、一方のクセ毛は、

一本一本に不均一なゆがみのある形状。

形状から違うんですね。。

 

kuse.png

 

さらに内部構造は、外側は水分を吸いやすく、

内側は吸いにくい2つの個性がミックス。

だから湿度変化の影響でふくらんだり、パサついたりしてしまうのです・・

 

 そこで・・・

デイリーケアのポイントは?

 

根元からのクセで洗いにくい地肌と髪をやさしくきれいに洗うこと。

そして、からんでダメージを受けやすい髪は、内側まで潤いを届けて、

表面は軽やかにさらっと仕上がるタイプのケア成分でいたわり守ることが大切。

 

クセによる広がりを抑えようと、

しっとりと重い質感のトリートメントや、スタイリング剤をつけている傾向が

今までは多かったですが、

最近のヘアスタイルのトレンドから言っても、

クセを活かしながら、軽やかな質感に仕上げる事が良いのでは

と思います!

 

続く・・

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

Serch

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed