NEWS

エントリー

2017年02月の記事は以下のとおりです。

冬の「乾燥肌」を防ぐ保湿ケア

 

今回もお肌について。

この時期は、肌の乾燥が気になりますね。

「肌がカサカサして化粧ノリが悪い」

「洗顔後、スキンケアをしてもすぐ乾く」

 

そんな方は、肌のバリア機能が低下し、乾燥がすすんでいます。

今回は、この「乾燥肌」を予防するポイントをご紹介します!

 

 

huyuki.jpg

 

 なぜ冬は肌の乾燥がすすむ?

気温が下がる冬は、汗や皮脂の分泌量が低下するので

皮脂膜が作られにくくなり、肌のうるおいを守る力が低下します。

そこに暖房器具の使用や外気の湿度の低下により、

空気中の湿度が50%以下になると、お肌の水分が急激に蒸発しやすくなり、

乾燥がすすんでしまします。

 

♪予防のポイント

1,洗顔で皮脂を取り過ぎない

 

乾燥が気になるからと洗顔料を使用しないと、

皮脂が酸化し毛穴を詰まらせたり、老化の原因になります。

(※炎症老化 後にご説明します!)

適切な洗顔料を選ぶことが大切です。

洗顔後、肌がつっぱる場合は、洗浄力が高すぎる可能性がありますので、

マイルドな洗顔料を使用し、ぬるま湯で洗いましょう。

 

2.肌に摩擦をかけない

 

洗顔後は、皮膚がふやけた状態で敏感になっています。

タオルで顔を拭く時はこすらず、やさしく押さえるようにしましょう。

化粧水やクリームをつける際は、やさしくなでるようにつけ、

ていねいになじませます。

その後手のひらを密着させ、うるおい成分が浸透するようにしましょう。

 

3.保湿力が高い化粧品を使う


乾燥を防ぐには、うるおいを保つ化粧品を選ぶことが大切です。

肌の角質層にはアミノ酸が約4割を占める天然保湿因子(NMF)が存在します。

NMFが減少すると、保湿機能が低下し乾燥肌になりやすいと言われています。

私たちの身体の素となるアミノ酸がキー成分のスキンケアシリーズ

「ソノア」セジョリで取り扱い開始!

は乾燥しやすい冬は特におすすめです。

 

いかがでしたか?

冬の乾燥予防をしておくと、

春先の花粉や紫外線、気温差で不安定になりがちな季節の肌も

影響を受けづらくなりますよ!

日々のお手入れで、10年先もきれいなお肌で。

 

カラーエステ

セジョリで1番人気メニュ

~カラーエステ~

美しいヘアカラーをいつまでも楽しんでいただくために。

頭皮、毛髪をダメージから守る、ヘッドスパがついた

ヘアカラーのためのトータル美髪ケア170分コース!

 

head_PD08.jpg

 

●繰り返しのヘアカラーで髪のゴワつき、乾燥、ハリコシ低下、

カラー後の頭皮のかゆみ、ニオイ、刺激など

様々な不安やお悩みがある方におすすめのメニューです。

 

<PROCESS>

STEP1.カウンセリング

頭皮と髪の状態を見ながら、ご希望に合わせたヘアスタイル、カラー、スパの内容を確認します。

 

STEP2.カット

お客様の髪質、クセ、骨格を見ながら、独自のドライカットによりまとまりやすく、

再現性の高いヘアスタイルを造ります。

 

hasami.jpg

 

STEP3.オーガニックハーブカラー

5種類のオーガニックハーブエキスと6種類のハーブエキス、天然由来成分配合の

ヘアカラーで、頭皮と髪により優しく染めていきます。

 

naseedo.jpg

 

 

STEP4.頭皮と髪のクレンジング&なじませマッサージ

8種のアミノ酸を配合したスキンケアレベルの保湿クリームで、デリケートになった髪と頭皮の余分な薬剤を除去し、かゆみやニオイを抑えバリア機能も強化します。

 

head_process_img02_02.jpg

 

STEP5.スパシャンプー&泡ツボマッサージ

もっちりとした濃密な泡のアミノ酸系シャンプーで、優しく洗い上げます。

ツボを意識したマッサージで心地よく沈静させます。

 

head_process_img02_03.jpg

 

STEP6.瞬透トリートメント

健康な髪に必要なアミノ酸、脂質をバランスよく補給し、理想の質感に仕上げます。

head_process_img02_05.jpg

 

STEP7.頭皮の保湿美容液

きれいになった頭皮に、たっぷり潤いを与えてやさしく引きしめ、乾燥や刺激から

頭皮を守ります。ラベンダーの香り。

 

head_process_img02_06.jpg

 

STEP8.フィニッシング

髪の美容液で、なめらかにおさまる髪に整え、保護します。

 cestjoli_estessimo_image20150614_1.jpg

 

カラーエステ( カット+カラー+カラースパ)

170分 ¥15,000(税別)

 

 新たに2コース追加!

選べる贅沢ケア&カラーエステ

プレミアムカラーエステ

 

 

 

冬の「下がり肌」を上向きに!めぐりアップケア

冬の下がり肌↓↓を上向きにする

めぐりアップケアの続きを・・

 

前回の記事、「冬の下がり肌の原因」と「めぐりアップケア」

の記事はこちら↓↓

冬の下がり肌?

 

★めぐりアップポイント★

首のあたため ともう一つは・・

お腹のあたため です。

 

「手足が冷えやすい」

「朝すっきり起きられない」

そんなサインがある方は、

体幹部であるお腹や腰を温めるのがおすすめです。

yuta.jpg

私たちは眠る時、体幹部の奥の深部体温が下がるしくみになっています。

お腹が冷えていると、その温度低下がうまくいかない為、寝つきが悪くなります。

 

お腹をあたため深部体温を上げておくと、抹消血流がよくなり、

抹消から熱が放散され、体幹部の温度低下がスムーズになるので、

眠りにつきやすくなります。

 

寝る前に湯たんぽなどをお腹にあてて体幹を温めたり、

日中は腹巻やカイロを活用するなど、お腹を冷やさないないように

工夫しましょう!

 

また、サロンでのSPA(スパ)は

副交換神経の働きを高める独自の理論を取り入れた工程で、

頭部だけではなく、全身のめぐりを整える事ができます。

 

スパメニューで、肌や髪の状態を美しく整え、

肌も身体も心も上向きにしましょう。

 

 

 

 

冬の「下がり肌」?

冬の「下がり肌」をめぐりアップケアで上向きに!

 

yukidaru.jpg

 

 

まだまだ寒さが厳しいですね。

髪と同様にお肌もこんなお悩みがありませんか?

お肌の乾燥、血色が良くない、目の下にくまが、ハリが出ない・・

などなど、冬のお肌も気になることがいっぱい。。。

 

冬はめぐりが悪くなる・・・

身体は寒いとき、血液の循環を脳や心臓などの中心部に集め、

皮膚など体表面に近い抹消器官の循環を減らして、熱の放散を抑え、

体温の低下を防ぎます。

これにより、抹消の血液が低下し、皮膚の代謝が遅くなると、

血色が悪く、ハリが低下した下がり肌に。

 

めぐりアップに効果的なポイントをあたためて

冬でも上向き肌を目指しましょう!

 

★めぐりアップポイント★

寒さで身体の血流が悪くなる冬は、肩こりも気になる方が多いのでは?

肩や首の血流が低下すると、頭部全体の血流が悪くなります。

その結果、髪の立ち上がりが低下したり、顔の血色が悪くなったりしてしまいます。

短時間で頭部の血流を良くするのにおすすめなのが、

 

お風呂でシャワーをあびるときに、シャワーを首後ろに1分ほど長めにあてるのが効果的です。

 

首は自律神経など多くの神経系が通っており、温めることで自律神経の働きを高め、全身の血流促進効果が期待できます。

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

Serch

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed